ウイルステロは一帯一路を封鎖する狙い

ウイルステロは一帯一路を封鎖する狙い

写真引用:newsweek

この記事の概要

ウイルステロは一帯一路を封鎖する狙いを持つ陰謀論が浮上してきました。中国武漢発症のウイルステロとの指摘もありますが中国と経済関係があるイタリアとイランがコロナウイルスの標的にされているのでしょうか。これは他の黒幕の存在をチラつかせます。


ウイルステロ説

ウイルステロ説が浮上してきました。イタリアとイランが非常に感染者が多いのです。特にイタリアでの致死率は高く、武漢よりも上回るとの予測まで出ています。

ヨーロッパには、致死率が高いコロナウイルスの(L)型が拡大しているようです。

中国武漢発症のウイルステロとの陰謀論が浮上していますが、それではなぜ、中国と経済関係があるイタリアとイランがコロナウイルスの標的にされているのでしょうか。


一帯一路

中国は、イタリア北東部トリエステ港と北西部ジェノバ港の開発投資に参加しています。この二つの公安都市の真ん中にミラノがあります。

イタリアにとってミラノは経済首都です。ローマが首都ですが、経済の中心はミラノなのです。

商売人は皆ミラノに行きます。イタリアの南半分はイタリアではないという言い方もあります。

あそこはアフリカだと言っている人もいます。イタリアでウイルスが発生しているところは、経済の中心ミラノの近くです。

一帯一路封鎖狙いのウイルステロの陰謀論が浮上しています。

一帯一路とは、2014年11月10日に中華人民共和国北京市で開催されたアジア太平洋経済協力首脳会議で、習近平総書記が提唱した広域経済圏構想で、中国からユーラシア大陸を経由してヨーロッパにつながる陸路の「シルクロード経済ベルト」と、中国沿岸部… 

ウキペディア

イランと中国との関係

イランは経済的に中国に依存して来ました。2017年には輸出全体の31%、輸入の37%を中国が占めるほどだったのです。

イランは地理的に中国から中央アジアを経て欧州へ行く中間に位置しており、一帯一路事業で、中心的役割を果たしてきました。

中国はイランと鉄道連結に格別の関心を見せ、新疆ウイグル自治区のウルムチから中央アジアのカザフスタン、キルギスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタンを経て、イランのテヘランをつなぐ鉄道整備を推進して来たのです。

このようなことをされるとアジアの経済が完全に中国に支配されてしまいます。ウイルステロは長引かせないと困るのです。裏社会の人々は地球上の覇権を失う寸前まで来ていると危惧しているからです。


まとめ

ウイルステロを仕組んでいる本当の組織とは

一帯一路封鎖狙いのウイルステロの陰謀論

イランは経済的に中国に依存して来た

ウイルステロは長引かせないと困る組織がある


Amazonの紹介欄(商品リンク)

ウイルス大感染時代 

ウイルステロは一帯一路を封鎖する狙い
最新情報をチェックしよう!
>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG