イルミナティカード のラボ爆発は武漢P4研究所だった

イルミナティカード のラボ爆発は武漢P4研究所だった

この記事の概要

イルミナティカード のラボ爆発は武漢P4研究所だった可能性があります。YouTubeにアップロードされている情報が本当であれば、まさにイルミナティカード のシナリオ通り物事が進んでいることが仄めかされています。


下記のURLで武漢P4研究所爆破の証言を見ることができます。

中国武漢P4研究所爆発真実を日本の方に伝えたいです(MOTOYAMA) – YouTube

日本の皆様ありがとうございます。ご視聴ありがとうございます。武漢にあるP4ウイルス 研究所が今日爆発されました!コロナウイルス が作製し、漏れたと思われて、ほぼほぼ確定でしたが私はやはり信じたくないです。この爆発で、ショックです。悲しいよりショックです。自分に嘘をつける理由もなくなりました!この動画の中には無声の動画現在中国の経済状況を表す動画が入っています。

YouTube:中国武漢P4研究所爆破真実を日本の方に伝えたいです

ラボ・エクスプロージョン

イルミナティカードで話題になっているのは、ラボ・エクスプロージョンです。(Lab Explosion)を直訳すると研究所爆発となります。

新型コロナウイルスの爆発的な流行のことを指しているという比喩的な絵柄と解釈されていましたが、ここにきて、実際に爆破されたとの情報がYouTubeの動画にアップロードされていました。

これが本当だとしたら、大変なことになります。まさにイルミナティカード のシナリオ通り物事が進んでいることが仄めかされています。

ユーチューブの情報によりますと「コロナウイルス が作製し」、これはコロナウイルスが作成されていた研究所だということだと思います。

以前に中国新幹線事故の車両を地中に埋める作業をしていた動画が配信されました。その研究所で、コロナウイルスが作成していたとするならば、隠蔽のために爆破させてしまうこともありうるのではないでしょうか。


生物化学兵器との見解

新型コロナウイルスですが、今現在も終息することがなく、逆に感染が拡大しています。武漢発祥と言われる新型コロナウイルスは、世界を震撼させたあのSARASの感染者数をも超えています。

この新型コロナウイルスは、蝙蝠から人へと感染したという噂もありますが、今回の新型コロナウイルスは、人工的に操作された見解があります。

アメリカ、イスラエル、ロシアの専門家たちも同様の見解を述べています。

SARSの今日に至る世界の見解は、生物兵器です。中国軍は第二次世界大戦後からロシアの軍事支援を受けて生物化学兵器を開発しています。

当時のSARSはその研究ウイルスであり、それが漏れたのがSARSであると言われています。

陰謀論ではなく、どのような経緯を辿ってきたかというと、今回の新型コロナウイルスの出どころである中国の武漢はバイオ研究所の最高峰の施設がある場所です。

世界でもトップクラスのバイオセーフティーレベル4の実験室質を持つ研究所があります、中国にはこのようなバイオハザード研究所が全部で5つあるとされてそのうちの二つの施設が武漢にあります。

元イスラエル軍情報官のダニーショハム氏が今回のパンディミックに関してコメントしています。

「犠牲者が武漢市に集中している。その地域に中国科学院武漢病毒研究所が位置しているから感染ルートとして矛盾しない」と。

コメントしているだけで断言しているとは言いづらいのですが、アメリカ政府は中国に対して生物化学兵器の可能性を指摘していますが、返答は得られていないないようです。

都市伝説的な見解では、現在地球の人口が増えすぎた結果、あらゆる人口削減を実行するという類の都市伝説もあります。

今回のコロナウイルスの致死率は高くはありませんが、危険なことは感染者の20%がその後に重症化するということなのです。

このウイルスに感染している間に免疫力が落ちているので、他のウイルスに感染する確率も上がりその数値も十倍になると言われています。

SARSの時の特性としては比較的黄色人種に感染する特殊ないウルスだったことも知られています。

今回のDNA配列もこのSARSと似た構造をしているという傾向が強いことから増えすぎた黄色人種に対するウイルスなのでしょうか。

しかしながら、中央アジアやイタリアでも広がっています。これは世界的に広がく可能性があります。


早くて正確な情報はネットの方

テレビの情報では正確な情報がつかめません。そこで、私たちがその情報を収集した方が確実です。フェイクニュースもかなり出ていることは否定できません。その情報に惑わされてしまう人も多くいます。

自分の体は自分で守ることを理解した方がいいのです。

WHOの見解は、現在では、緊急事態宣言に変わりました。当初、ネットでは、「パンデミックだ!大変なことが起きる」と騒いでいたことが、大袈裟だと言われていました。

状況は、このように直ぐ変化するのです。そうすると、ネット情報の方が正しかったことになります。

個人の判断力の方が情報としても速く得られるのと、正確性があるということが証明されてきているのです。


まとめ

イルミナティカードで話題になっているのは、ラボ・エクスプロージョン

新型コロナウイルスは、人工的に操作された見解


Amazonの紹介欄(商品リンク)

U.S. Armed Forces Nuclear, Biological And Chemical Survival Manual

秘密結社イルミナティ入会講座<初級篇>

イルミナティカード のラボ爆発は武漢P4研究所だった
最新情報をチェックしよう!
>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG