支配者層による完全自動化システム

ニコラ・テスラ

ニコラ・テスラ

この記事の要約

支配者層による完全自動化システムが、確立されています。人間の生活に欠かせない電気・ガス・水道、これらのものをがっちり押さえてさえいれば、永遠にお金が手元に入ってくることを知っています。エネルギー系は、支配者によって、全て握られているのです。


1. 完全自動化収益システム

電気、ガス、水道というのは光熱費として使い続けざるを得ないものになってしまいました。これこそが完全にドル箱なのです。支配者側から見ればほったらかしても自然とお金が入ってくるのです。

完全自動化収益システムです。人間の生活に欠かせない電気・ガス・水道これらのものをがっちり押さえてさえいれば、永遠にお金が手元に入ってくるのです。

このことを支配者側は知っていますから、エネルギー系のものというのは、支配者によって全て握られているのです。光熱系においても石油、ガソリンとかもしっかり押さえられていて、そのようなものがないと車にも乗れません。


2. 身の回りにあるものも石油製品がほとんど

身の回りにあるものも石油製品がほとんどなのです。スーパーの買い物袋とか、電気のコードとか、女性のストッキングも石油から出来上がっています。

カップラーメンの容器も石油製品です。ストロー、歯ブラシ、ペットボトルも石油製品です。スマートフォンの本体外側の部分もそうです。一般市民にとって、このことはオセロゲームの角を全部押さえられている状態です。


3. 支配者層は通信回路自然エネルギーにも課金している

通信回線もそうです。プロバイダーがなければ、ユーチューブさえも見れないのです。電気・ガス・水道・ガソリン・通信回線費、毎月毎月課金させてしまう仕組みを作られて、その上に乗せられているのです。

支配者たちは、太陽の熱や光からでさえもお金を取りたいと思っているのです。可能であればこの空気からもお金を取りたいと思っているはずです。間接的ですが、空気清浄機は家庭に普及しています。

支配者層には、楽に、自動的にお金が懐に入ってくるのです。奴隷化された庶民からして見れば、恐ろし仕組み作るを考えているのです。

これらのエネルギーは、近代化された我々にとってなくてはならないものになっています。いらないと言えないのです。超田舎暮らしをしない限りは。


4. 東日本大震災の教訓

東日本大震災の直後に、一時的に計画停電がありました。あの一時的な計画停電さえも不便さを感じました。暖を取れないのです。寒かったですね。それなのに、灯油が買えなかったのです。

携帯電話でさえなかなか繋がらず、電車は動いていません。バスもガソリンの供給がなく止まっていました。自家用車は、ガソリンが売っていないので、走らせることができませんでした。

この震災でエネルギーの価値を思い知らされました。東日本大震災が計画的陰謀的なものであったならば、エネルギーの必要性を思い知らせる目的があったのでしょう。巷の噂では、あの計画停電は、富士山周辺で起きた大きな地震を起こすために電気を蓄えていたというのです。


5. ヴァン・アレン帯を超えて行けたのに

東日本大震災のとき、福島から人々が退去させられました。原発が大変なことになっていたのです。その裏で大変なことが行われていました。

アポロ計画で人間が実際に月に行ったのであれば、人体に悪影響があると言われているヴァン・アレン帯を超えて行くほどの技術を持っているわけです。どのような意味かというと放射能にも耐えられるし、その中でも活動ができるということなのです。

※ヴァン・アレン帯とは、地球の磁場にとらえられた、陽子、電子からなる放射線帯です。 1958年にアメリカ合衆国が人工衛星エクスプローラー1号を打ち上げ、衛星に搭載されたガイガーカウンターの観測結果より発見されました。名称は発見者であるアメリカの物理学者、ジェームズ・ヴァン・アレンに由来するものです。


6. エイリアンの出現

それがエイリアン・テクノロジーなのかはわかりません。その時に福島上空に、UFOが飛んできていました。宇宙人がやってきた後は必ず放射能の反応が出てきます。


7. フリーエネルギーの出現

電気・ガス・水道、こと電気に関して言えば、その方法では原発もそうだし、火力発電もそうだし、水力発電とか色々ありますが、かなり昔、今から100年以上前に、1800年の終わり頃の話です。その当時既にフリーエネルギーというものがこの世に存在していました。無料で使えたのです。

世間一般で知られている名前としては、世界システムというものです。これは地球および宇宙を媒体として、エネルギーを発生させる画期的なシステムです。

自然界のエネルギーを利用しますので、エネルギーを作り出すのに元手がかかりません。このフリーエネルギーはタダで電気を作り出すことが出来、さらにワイヤレスでその電気を飛ばすことができたのです。


8. ニコラ・テスラ

要するに無線です。これは百年以上前の話です。この画期的なシステムを作ったのはあのニコラ・テスラです。表立った歴史には、そのエネルギーは存在していなかったとされています。

事実が闇に葬り去られてしまっているのです。イーロン・マスクが創立したテスラ・モーターズというのがあります。テスラ・モーターズのテスラというのは、このニコラ・テスラにちなんでつけられた名前です。

ニコラ・テスラとは、もともと電気の発明家だったのです。幼い頃から色々なものを発明していました。我々に馴染みのあるものとしては、ラジオ、リモコンとか蛍光灯、水銀燈、交流電力システムなどです。


9. 交流システム

この交流システムがなければ、この現代において、電気製品が全く使用できません。もしニコラ・テスラがいなかったら、この世界は真っ暗です。テスラの無線技術がなければ、携帯電話も、ラジオも、テレビも聞くことも見ることもできていなかったのです。

電気というとエジソンが最初に浮かんできますが、実生活ではニコラ・テスラの発明の方が、偉大だったりするのです。

だからこそイーロン・マスクも社名に名前をつけたのでしょう。この方は日本では、エジソンほど有名ではありません。海外では有名ですが。

なぜニコラ・テスラはそれほど有名ではないのでしょうか。ニコラ・テスラははめられたからです。その陰にはMの存在がいたのです。


10. Mの存在

Mとはタイタニック号とオリンピック号の陰謀論に絡んでいる人です。タイタニック沈没の陰謀に絡んだのは誰かと検索すれば出てきます。その方は、タイタニック号のオーナーなのです。Mという方はこのニコラ・テスラの世界システムに巨額の支援をしていました。

その後資金援助をストップしてしまいました。その理由については、早い話が、タダで使えるエネルギーが世界中に広まってしまっては支配者側にとっては大変迷惑な話なのです。


11. 支配者層

魚がたくさんいる場所を知っている人は、そこに行けばいくらでも魚が釣れるとわかっています。ある日突然、その人の目の前にお腹をすかせた人が現れました。歩いてきて「何か食べ物を恵んでください」とお願いしてきました。強欲な人は、釣っておいた魚を差し出して、「金を払えば売ってやる」と言いました。

お腹をすかせた人は、なけなしのお金を差し出して「それを売ってください」とお願いしました。魚を食べてしまった後、しばらくするとお腹が空きます。

またそうするとその人は魚を持っている人のところへ行って、「また魚がほしいいのですが、お金がありません」と言い出します。すると強欲な考えを持った人は、「金がなければ売れないよ」と言い出します。「金がほしければ俺の下で働け、働いたら賃金を払うから、魚を買え」と言い出したのです。

魚が欲しい人に魚が取れる場所を教えて、魚の釣り方も同時に教えてあげれば、その人を幸せにしてあげることができるのですが、そんなことはしないで全てを独り占めにしてしまうのです。それが今の支配者、エリートなのです。


まとめ

人間の生活に欠かせない電気・ガス・水道これらのものをがっちり押さえてさえいれば、永遠にお金が手元に入ってくる

電気・ガス・水道・ガソリン・通信回線費、毎月毎月課金させてしまう仕組みを作られて、その上に乗せられている

1800年の終わり頃の話です。その当時既にフリーエネルギーというものがこの世に存在していた

人を幸せにしてあげることができるのですが、そんなことはしないで全てを独り占めにしてしまうのが支配者、エリート


紹介欄

ニコラ・テスラ 秘密の告白 世界システム=私の履歴書 フリーエネルギー=真空中の宇宙

ギガマネー 巨大資金の闇 富の支配者たちを狙え

 

ケネディ・ドル札のようなものは

ケネディ・ドル札のようなものは

ケネディ・ドル札のようなものは

この記事の要約

ケネディ・ドル札のようなものは一般人にとってはなんの意味もないのです。一般の人はケネディ・ドル札も持っていますが、オモチャ銀行の1億円冊と変わらないのです。これをしかるべき銀行のしかるべき所に行って、しかるべきサインをした瞬間に、預金が入るのです。


ケネディ・ドル札

ケネディ・ドル札の発端となった事件は、2009年3月、イタリアでわけのわからない事件が発生しました。スイスの国境近くで、日本人二人が当局に逮捕されたのです。拘束されました。不思議なことに名前が一切伏せられています。3ヶ月間拘留されて6月には釈放されました。なんで捕まったかというと、イタリアからスイスに入国しようとした時に、問題が発覚しました。アメリカの国債を持っていたのです。

国債はアメリカが発行する借金の証書か国が発行する株式みたいなものです。


国債

持っていた米国債の額がとても凄かったのです。13兆円です。アメリカの国債を保有している国はこの世に3つしかありません。13兆円以上の国債を持っている国は、ロシア、中国、日本だけなのです。

世界の4番目に相当する額を二人が持っていいました。違法に米国債を所持していたということで逮捕されたのです。この時にあった一枚の米国債の額面は、5億ドルでした。それを294枚持っていました。

1ドル100円として5億ドルですから、500億です。更にケネディ債を10枚持っていました。額面なんと10億ドルです。1枚1,000億円です。ちょっとした国家予算です。


戦時米国債

戦時国債といって政府が戦時中に発行するお金なのですが、戦時国債の額面が軽く10億ドルとか5億ドルとかあるのです。戦時中の政府が発行して、政府がどこかの国だとか、どこかの要人に渡すもので、ある種の証書です。

一般人にとってはなんの意味もないのです。しかしながら、これが時折流れてくるのです。その流れで、日本人でも戦時米国債を持っている人がいます。

一般の人はケネディドル札も持っていますが、オモチャ銀行の1億円冊と変わらないのです。これをしかるべき銀行のしかるべき所に行って、しかるべきサインをした瞬間に、それがその銀行の中に口座が開き、預金が入るわけです。

では、お金とは一体なんなのでしょうか。考えても見ればお札とは単なる紙切れです。紙幣とお金は違います。銀行預金に10万円あります。お札はもっていません。銀行に行けばお札にしてくれます。


信用の証

銀行にあるのは数字です。でもお札に変えてくれますが、それが信用ということです。お札そのものに価値があるわけではなく、信用の証なのです。

信用とはどのように出てくるかというと、国が紙幣を発行するに当たっては、担保があるのです。昔は金でした。金本位制でした。今は金本位制ではありません。

例えば、クーデターが起こり、日本政府が倒れました。日本政府は円を発行する権利を持っています。この権利を持っている日本政府がもし崩壊したならば、この瞬間に1万円札はただの紙切れになります。

第二次世界大戦で負けた時も同じ状況がありました。今でもアンダーグランド、アッパーストリームの世界では、あるのです。

イタリア当局は、この国債は偽造されたものであり、本物ではなくオモチャを所持していたと解釈することで、釈放したのです。


しかるべき人とは

本人たちはそう思っていません。明らかに本物だと思っていました。しかるべきところに行って、しかるべきサインをすれば、本物になりうるのです。でもそういうことができる人は、普通の人ではありません。

偽物ということで釈放したのでしょう。100万ドル札でも詐欺事件が起こったりします。10年ぐらい前にも日本で詐欺事件が起こりました。一般人にはわからない、国債を現金にできる人々が存在しているようです。


まとめ

一般の人はケネディドル札も持っていて、オモチャ銀行の1億円冊と変わらない。

これをしかるべき銀行のしかるべき所に行って、しかるべきサインをした瞬間に、それがその銀行の中に口座が開き、預金が入る。しかるべき人とは普通の人ではない。


紹介欄

ジョン・F・ケネディ( JFK ) Million Dollar Bill – 10 Count withボーナスクリアプロテクター& Christopher Columbus Bill

ケネディ防水24 KゴールドFoil Poker GoldenパターンPlaying Cards

証券会社がひた隠す米国債投資法

 

大英帝国の復活を欧州ロスチャイルド家が目論んで

大英帝国の復活を欧州ロスチャイルド家が目論んでいる

大英帝国の復活を欧州ロスチャイルド家が目論んでいる

この記事の要約

大英帝国の復活を欧州ロスチャイルド家が目論んでいるのです。イギリス、アメリカは表裏一体のようなものでイギリスの大英帝国も、インド、オーストラリア、カナダ、アメリカ、アフリカに進出した国です。その復活の画策をしているのではないでしょうか。


パナマ文書 タックスヘイブン

ヨーロッパでは何が起こっているのかというとイギリスのEU離脱を決定したのは、国民投票を行った結果でした。イギリスがらみで国際的に有名になったパナマ文書というのがあります。

世界中の政治家や金持ちたちが税金を払わずにタックスヘイブン(天国ではなく疎開)と言われる、税金がかからないような国に疎開できるようにすることです。


パナマ文書が暴露された目的

パナマ文書が暴露されたということは匿名のリーク情報なのです。リーク情報とは誰かが意図的に行なっているのです。それには目的があるのです。今回のパナマ文書というと、槍玉に上がっているのはプーチンです。他には中国、日本などの資産家たちも指摘されています。

不思議なことにアメリカ人が出てきません。パナマ文書のリークとEU離脱で得するのは誰なのでしょうか。パナマ文書の銀行を突き詰めていくとロスチャイルド系の銀行であることがわかってきます。

欧州の金融を握っているのはロスチャイルドなのですから当然関わってきます。

そもそもこの目論見の中心はイギリス王家ではないだろうかと言われています。ジャーナリストたちが調べていくと黒幕は英国王室であるとわかってきました。


EUという組織

EUとはどのような組織なのでしょうか。ギリシャの経済破綻を見ればわかります。ギリシャの経済破綻と日本のアベノミクスを比較すると浮き彫りになります。一体EUとはなんなのでしょうか。

日本の場合、アベノミクスの一環として、日銀が何百兆円もの通貨を発行しました。すなわち国債を買ったのです。日銀とは日本政府の子会社です。連結すれば、0からお金が湧いてくるのです。これがなぜできるのでしょうか。通貨を発行できる権利は国家の主権の一つだからです。でもギリシャはこれができません。なぜならば、通貨はユーロだからです。

ギリシャも本来であれば、経済がぐじゃぐじゃなので、独自通貨を発行すればいいのですが、発行する権限がもうないのです。それは、国家の上のEUの権限です。

そうなると、イギリスの王室の上にEUが来ることになります。EU離脱に反対をしていたのがキャメロン首相でした。イギリスはUK、アメリカはUSA、イギリス、アメリカの同盟国をUKUSA(ウクサ)同盟と言います。


大英帝国の復活

イギリス、アメリカは表裏一体のようなものです。イギリス王家が企んでいるのは、大英帝国の復活なのではないかというのです。

EUはヨーロッパを統一しようとしています。イギリスの大英帝国も、インド、オーストラリア、カナダ、アメリカ、アフリカに進出した国です。その復活の画策をしているのではないでしょうか。

テロが起きている国と起きていない国の違いは、パナマ文書を見ればわかります。それはテロ組織に貨幣を援助しているか、していないかにあるようなのです。その先にあるものが第三次世界大戦かもしれません。


まとめ

イギリス王家が企んでいるのは、大英帝国の復活なのではないか

テロが起きている国と起きていない国の違いは、パナマ文書を見ればわかる


紹介欄

パナマ文書 : 「タックスヘイブン狩り」の衝撃が世界と日本を襲う

これがロスチャイルドが知って隠したマネーシステムの全貌だ

 

 

人工知能が人類を支配する666計画

人工知能が人類を支配する666計画

人工知能が人類を支配する666計画

この記事の要約

人工知能が人類を支配する666計画が着実に実行されています。ヨハネの黙示録の予言を実行するためにバーコード、インターネット、クレジットカード、金融に関わる全てのものに666が関係しています。それを管理するスーパコンピュータの名前は「獣(ビースト)」なのです。

1. ヨハネの黙示録による予言666

全人口のマイナンバーのナンバリングが着実に進められました。このナンバリングをなぜしているのか、そして何が問題なのかと言うと、一つは重要な預言があるのです。

今から2000年前の新約聖書の予言があります。それは十二使徒のヨハネが書いたとされるヨハネの黙示録です。ヨハネの黙示録13章16節から18説

  1. また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、
  2. この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。
  3. ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。

2. 映画オーメン

666と聞くと映画のオーメンを思いだします。あの映画は、この予言をまさにベースにしていたのです。反キリスト、獣と呼ばれる人物が主人公のダミアンです。このダミアンが最終的に世界を支配するのです。

映画ではアメリカ大統領になる設定です。アメリカ大統領だけでなく全世界の王になると言うのが聖書の予言なのです。

ここで重要なのは、右手と額に刻印されている点です。獣の名前、獣の数字が刻印され、これがないと買うことも売ることも出来ないのです。ここが大事です。


3. バーコード

商売とは二つあり商品とお金です。これは経済の基本です。ほとんどの工業製品にはバーコードが入っています。日本の製品であれば数字があった時に、左端に4と書いて有ります。これは国番号です。日本の国番号は4です。その右側にいろんな数字が書かれて有ります。その上にバーが書いて有ります。

数字とバーというのは同じ数字を表しているのですが、4であれば4のバーが上にあります。バーがあって数字があります。これが対応しているのです。

パターンが3つ4つあって違うのもありますが、基本的にバーと数字はセットなのです。ところがバーコードをよく見てください。

国番号4は別にしてバーと数字、全部対応しているのですが、数字がないバーがあるのです。両端と真ん中に数字がないバーがあります。同じ太さのバーが、両脇と真ん中にあります。このバーも数字なのです。なんの数字かというと、これが6なのです。


4. 全てに666が仕組まれている

つまり666と入っているわけなのです。バーコードが入った時点で、666が入ったことになるのです。商品に666が入っているのです。よく都市伝説で、日本のコインはを全部足すと666円になります。ジョークみたいな話ですね。

クレジットカードにもバーコードがついています。さらに現在は、電子マネーのビットコインです。

今はキャッシュレスの時代です。ネット通販は、クレジットカードと連結で購入ができるようになっています。

インターネットには必ずアドレスがあります。http://wwwと続きます。world wide wave という意味ですが、wがなぜ3つあるのかというと、英語だとwがありますが、古い言語だとwがなかったのです。

ラテン語だとuもないのです。さらに古くなってくるとヘブライ語のv、wに相当するのばヴァヴだそうです。ヴァヴという文字も棒一本でかける文字です。

ו ヴァヴ v / w

ヘブライ語というのは、実はゲマトリア数秘術で、ヘブライの文字全てが、数字に置き換えられます。それでは、ヴァヴは何かというとwであり、wwwとは666なのです。

インターネットも完全に完全に666なのです。物も、お金も、インターネットも666でシステムが出来上がっていたのです。知らない間にここまで来ていたのです。


5. スーパーコンピュータ「獣(ビースト)」

さらにAIの人工知能は凄いです。チェスから将棋、人類が太刀打ち出来なくなって来ている時代です。さらにスーパーコンピュータです。

一番すごいスーパーコンピュータですが、管理するために用意されたコンピュータがあり、その名前がビーストと言います。すごい名前をつけたと思います。恣意的につけたのでしょうか。まさに、これは確信犯です。獣という名前がついているのですから。一体やっている人たちは誰なのでしょうか。

これは獣に管理されているということなのです。正にリアルな問題です。関係ない人は一人もいません。獣の正体とは誰なのでしょうか。スーパーコンピュータのビーストに管理される日がついにやって来たのです。

世界一のコンピューター ≪京≫を抜いたアメリカのIBM社製のスーパーコンピューター「獣(ビースト)」は、人間の頭脳をはるかに凌駕(りょうが)する能力を持っていると言われています。

人間の感情を読み取れると言うのですから驚きです。人間を一個の個体として管理するだけではなく、その人物が「何を考えているのか」「何を感じているのか」などと思考を読み取れるのです。

このビーストの前では、人間の考えは見抜かれてしまいます。世界政府に対する反乱などを企てれば、たちまち計画を見抜かれます。その政府に対して反発する感情をもっただけで即座に見抜かれます。そして、一生涯マークされ続けられるのでしょう。

アメリカは世界中のありとあらゆる通信を傍受する通信施設「エシュロン」を導入しています。携帯電話やインターネットの通信記録から、あらゆる情報分析が可能だと言うのです。


まとめ

全人口のナンバリングはヨハネの黙示録の予言666

バーコード、インターネット、クレジットカード、金融に関わる全てのものに666が関係している

スーパーコンピューターの名前は「獣(ビースト)」


紹介欄

エクサスケールの衝撃 次世代スーパーコンピュータが壮大な新世界の扉を開く

世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに

ついに国家が消滅し、人工知能が世界政府を作ります

 

 

ハワイへの核弾道ミサイルの真実とは

この記事の要約

ハワイへの核弾道ミサイルの真実とは、実際にイスラエルの潜水艦から発射されたものでした。シオニスト、キリスト教原理主義者が、どうしても世紀末劇を起こしたかったのが理由らしいのです。戦争を起こしたならば、間違いなく人類は住むことが出来なくなります。


1. ハワイ核弾道ミサイル

ハワイで核弾道ミサイル騒動(2018年1月14日)が起きましたが、これは実際にイスラエルの潜水艦から発射されたものでした。シオニスト、キリスト教原理主義者が、どうしても世紀末劇を起こしたかったのが理由だそうです。世紀末戦争を起こしたらメシアが来ると狂信しているのです。そのようなことを何度も起こしたくて試しているようですが大変迷惑な話です。

いつもそうですが、またこの連中の仕業なのかと陰謀論者は推測出来ます。同じグループが行なっているからです。最近では、ドイツ政府に圧力がかかりイスラエル政府に潜水艦を売らないで欲しいと言われています。ハワイ沖でミサイルを発射したイスラエルの潜水艦は、沈没させられたとそうです。

今後世界情勢は、アメリカ、ロシア、中国が戦争シュミレーションして結果がわかっています。戦争をしたら間違いなく人類はこの地球上に住めなくなることを。


2. 演習ではなく本当だ

ニュースでは、ハワイに核弾道ミサイルが飛んできたことが、「演習ではなく本当だと直ちに避難せよ」と流れてきました。

日本の場合も、Jアラートが2017年に二度鳴りました。「今すぐ、地下に潜ってください」と。実際にホノルルでは、みなさんが逃げ出しました。いざとなったら、マンホールを開けてその中に逃げるのが安全です。

ハワイに流れた緊急放送は、直ちに訂正されました。実際はミサイルが飛んできて、それを迎撃したというのが事実らしいのです。一人がボタン押し間違えて、32分間訂正されなかったということはあり得ないことです。

平壌(ピョンヤン)から7,483キロメートル飛んだという情報も嘘だそうです。実はハワイ沖にいたイスラエルの潜水艦が行なったというのが真実らしいのです。


3. 911の真相を知るトランプ大統領

トランプ大統領は、911の直後に何と言っているかというと、911の真相を知っていると述べておられます。「あんなに頑丈なビルを崩壊させることができるのは、あらかじめビル内部に仕掛けられた強力な爆弾でしかありえない。911の真実を見抜いていたトランプ氏。ビル建築の技術的観点からも航空機によるWTC崩落説の矛盾点を指摘しています」

世界一の不動産王ですから建物の構造については、よくご存知だったに違いありません。トランプ氏は、大統領在任中に、誰が911を行なったかを解明するつもりでいます。勇気ある救出活動をした消防士たちが、ガンにかかっています。核が使われたことを知っているのです。

アメリカトランプ大統領は、予防接種は絶対しません。なぜなら予防接種している友達はインフルエンザになっているからです。911の真相を知っています。


4. 借金大国

周りの連中は戦々恐々していることなのでしょう。アメリカは今までの人類の中で一番借金している国です。世界市場これだけの借金をした国はありません。

今まで借金でできた帝国は、みんな崩壊しました。ソ連が崩壊したようにアメリカの崩壊も近日に、あるかもしれません。しかしながら、それに代わる国が誕生するかもしれません。

アメリカ政府機関が、お金がないために一旦、一部閉鎖になりました。中国政府が、アメリカ株を売ろうかという発言をしたことがきっかけです。中国の格付け会社ダコンという会社が、アメリカの格付を下げたのです。アメリカをペルー並みのBBBプラスに格下げしました。

戦後初めて外部監査委員を呼んで、決算をしてもらいました。1998年から2015年の間に21兆ドルが行方不明になっていると21兆ドルというと表の米国軍のすべての予算の35年分、大きな傭兵団、隠れ宇宙プログラムへ行った。

5. IMFプログラム

アメリカはIMF支援プログラムへ入るべき国なのですが入ってません。入ってしまうと、アメリカドルの通貨を下げられてしまうからです。それをしてしまうと全世界へ展開しているアメリカ軍へ給与の支払いが滞ってしまうからです。

IMF支援プログラムとは、IMF支援プログラムの下、IMFは社会扶助をはじめ、社会支出の保護や増額で各国政府を支援することです。


まとめ

ハワイ核弾道ミサイルはイスラエルの潜水艦から発射された

世紀末戦争を起こしたらメシアが来ると狂信しているグループがいる

アメリカ今までの人類の中で一番借金している国


紹介欄

911自作自演テロとオウム事件の真相

暴かれた9.11疑惑の真相

仮想通貨ビットコインの成り立ちは

仮想通貨ビットコインのの成り立ち

仮想通貨ビットコインのの成り立ち

この記事の要約

仮想通貨ビットコインの成り立ちは、為替操作をなくし国際社会の経済安定が目的です。貿易を有利にするため自国の通貨を安くし、製品を海外に買ってもらうのが現状社会です。通貨の流通が大変不安定になるのに歯止めになるのがビットコンと考えられています。


1. 通貨の成り立ち

仮想通貨、電子マネー、通貨はある一定量制限を持たないと価値が出ません。漢字の通貨には貝がついていますが、昔は、貝が通貨の役割をしていました。

秦の始皇帝の時には、貨幣の統一が行われました。世界で一番古い通貨を発明した国は、意外なことにトルコのリディアです。リディアからペルシャへ、ペルシャからギリシャ、ギリシャから周辺国ローマに広がりました。通貨の歴史一番古いのは、金、金貨、エレクトラムなどに権力者を描いて使用されていました。昔から金や銀は希少価値がありました。

※エレクトラム:自然金と言います。自然金の品位は65~99%程度で,おもに銀との合金(エレクトラム)です。石英脈中に含まれることが多く,山金(やまきん)と呼ばれるものはこれでです。

他に価値があるものとして考えられるのは、不動産がありますが、固定資産税がかかります。クラシックカーは希少価値がありますが、メンテナンスが大変です。

通貨というのは希少な金を使うので、戦争に行った時に配下に配られていました。日本はコメ本位制だったので米を配っていたのです。

金や銀は、貴重で少ないものですが、ビットコインはじゃんじゃんつくれます。通貨というのは少ないから価値が出るのです。金銀が発掘できなくなると、金が足りなくなります。

そのため、希少価値の金属が金銀から銅が使用されるようになってきました。それが、現代にまで続き、ありふれた金属で作られるようになったのです。ただし枚数は制限しないと通貨の価値が下がり、ハイパーインフレが生じてしまいます。


2. 2000年頃の概算価格で紙幣・硬貨の原価

1万円札 22.2円、5000円札 20.7円、2000円札 16.2円、1000円札 14.5円、500円玉 30円、100円玉 25円、50円玉 20円、10円玉 10円、5円玉 7円、 1円玉 3円

同じ通貨でも希少価値があるもの

五十円玉を例にとって見てみますと、昭和62年の50円硬貨は大変希少価値があります。昭和62年と昭和35年の50円玉は特に貴重です。平成12年以降は製造枚数が少なくなっているので、希少価値があります。

昭和62年の50円玉は77万5000枚の発行枚数で、その全てが一般流通用ではありません。貨幣セットに組み込んだ形で世に出ているため、貨幣セットを壊して使用されない限り、手に入ることはないとのことです。この貨幣の価値は、使用痕があると、状態にもよりますが3,000円程度だと言われています。コインショップへの売却価格は、1,000円強が相場らしいのです。


3. 希少価値を持った年代別硬貨の価格

500円硬貨:昭和62年・・・900~1200円、昭和64年・・・600円

100円硬貨:平成13年・・・250~300円、平成14年・・・200円

50円硬貨:昭和34年・・・150円、昭和35年・・・1500円、昭和36年・・・300円、昭和60年・・・150円、昭和61年・・・150円、昭和62年・・・8000円、平成12年・・・400円、平成13年・・・100円、平成14年・・・200、平成15年・・・200円

10円硬貨:昭和26年・・・50円、昭和32年・・・80円、昭和33年・・・100円、昭和34年・・・50円、昭和61年・・・50円

5円硬貨:昭和24年・・・30円、昭和25年・・・30円、昭和26年・・・30円、昭和27年・・・50円、昭和28年・・・50円、昭和32年・・・500円、昭和33年・・・50円、昭和34年・・・70円、昭和35年・・・60円、昭和36年・・・50円、昭和37年・・・40円、昭和38年・・・30円、昭和39年・・・30円、昭和40年・・・30円、昭和41年・・・30円、昭和42年・・・70円、昭和43年・・・40円、平成12年・・・100円

1円硬貨:平成12年・・・70円、平成13年・・・100円、平成14年・・・100円


4. 基軸通貨の問題点

小さい国でも独自の通貨を発行しています。そんな価値のないものをもらってもと思えるものもあります。その国の信用がどれだけあるのかで価値が出てきます。

基軸通貨は信頼のあるものです。自国の通貨が高い方がいいと思えますが、貿易とか国際趣旨で見ると円高はマイナスなのです。海外旅行では円高だと得しますが、円高になると海外の国では品物が高くなるので購入しなくなります。

そのため、自国の通貨を下げて、円安に持っていこうとします。円安を極端に行うと為替操作により、通貨の発行量に制限がなかからなくなり、価値がどんどん下がっていく恐れがあります。どこの国も自国の通貨を安くしたいのですが、無制限にすればハイパーインフレが待っています。


5. 世界共通の貨幣

通貨の発行枚数が多過ぎて市場に出回り過ぎ、完璧に通貨の価値が下がります。

国際経済では、通貨危機のような状況に陥らないように、円とかドルではなく、共通の通貨でやり取りすることで為替操作をなくす考えがあります。

そこでで出てきたのが、ビットコインです。発行枚数も管理されて、マネー理論に基づいて行われるのです。実体がありませんが、日本の場合は、三菱が行なう予定です。国際的に使われるのでマネーロンダリングが行われる可能性もあるのです。

マネーロンダリングとは、日本語でいうと資金洗浄を意味します。 麻薬取引、脱税、粉飾決算などの犯罪によって得られた資金(汚れたお金)を、資金の出所をわからなくするために、架空または他人名義の金融機関口座などを利用して、転々と送金を繰り返したり、株や債券の購入や大口寄付などを行ったりします。

ビィットコインは投資ではなく、投機の対象になています。種類があり、発行しているところによってコインの名前があります。

ビィットコインが、乱高下している状況を見るとまだ安心はできません。仮想通貨のビットコインを進めている人たちはどのような人たちなのでしょうか。

安定はしていませんが、将来的にはビットコインに流れるだろうと言われています。今の所、自己責任で行わなければなりませんが。

一国の通貨がビットコインになったら、何を買ったらのかが全て明らかになってしまいます。国だけではなく、全世界に把握されます。監視されているだならいいのですが、書き換えられることもあります。全てが監視社会になる恐れもあります。


まとめ

金や銀は、貴重で少ないものですが、ビットコインはじゃんじゃんつくれる

国際経済では、通貨危機のような状況に陥らないように、円とかドルではなく、共通の通貨でやり取りすることで為替操作をなくす考えがある

 

紹介欄

トレードは週1回! 少額でも月30万円儲かるビットコイン革命

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

 

 

最終学歴と偏差値によるブランド化された人間たち

この記事の要約

最終学歴と偏差値によるブランド化された人間たちは、流される人間として養成されています。政治、大企業、軍隊、宗教組織にとって、この様な人は、好都合な道具です。目覚めた人間は、学歴も偏差値も必要ではありません。必要なのは、己の可能性と志しなのです。


1. 悪魔が利用するのは宗教と教育機関

ナポレオンヒル博士の著書「悪魔を出し抜け!」の中で、悪魔が利用するのは、宗教と教育機関です。この二つの機関を利用して悪魔は、人間をどのようにしたいのか。それは、「流される人間」に仕立て上げることが目的だと述べられています。流されるとは、自分で考える意思を持たずに生きていく人間にすることです。

悪魔が人間に仕向けた学校に行く目的は、単位を取ることです。

悪魔を出し抜け!

大前研一氏の日本の未来を考える6つの特別講義を読んで、心に残るものがありました。教育制度です。

大前研一 日本の未来を考える6つの特別講義 (大前研一ビジネスジャーナルアーカイブス(NextPublishing))

日本の教育改革における最大の障壁は「偏差値」です。この偏差値というものが、日本人を大志を抱けない国民にしてしまったのです。

なぜ偏差値が導入されたのでしょうか。

偏差値を導入した背景には、学生運動の象徴とされる東京大学の安田講堂事件 の後、政府が強い危機感を持ったことに端を発していました。

学生運動時の世界は東西冷戦の最中でした。アメリカ政府は、日本をつくりかえる計画がありました。ロシアや中国と結託し、アメリカが計画していた日本を政府を転覆させようと革命を企てる輩がいる事に危惧していました。

政府に逆らうような資質、すなわち流されない人びとををあらかじめ封じこめる方法を用いました。それが、偏差値精度です。「あなたは偏差値51」「あなたは偏差値67」というように、その人間の可能性を高校や大学生のときに決めてしまったのです。

10代、20代の頃の若いうちに、人間にたがをはめてしまうのです。
この偏差値の存在が、どの高校、どの大学生を卒業したかで人間の価値を決められてしまい、今の日本の若者と日本全体を萎縮させています。


2. 偏差値は人に「あきらめ」を抱かせるのが目的

偏差値は、自分ある可能性を封じ込めてしまいます。

偏差値によって自分の能力の力は、この数字までだと限界を決め付けてしまいます。だからそれ以上は、期待しなくなる人間になり、可能性を捨ててしまいます。

可能性を捨てた人間は、おとなしくなり、文句を言わない人間になります。政府にとってはとても都合が良いのです。

勉強ができる子を測るのは偏差値です。学校で一番偏差値が高かった人間が官僚や政治家になっているから、彼らが間違えるわけがないと思えるようになります。その一方で、偏差値が高い人間にも問題が生じます。「自分はできる、このままでいい」と思ってしまっています。その結果、高慢が忍び寄り、それ以上勉強しなくなります。こうなると新しい考えを取り入れなくなるのです。

偏差値が高くても低くても、両側で問題が起こるわけです。今の日本が変化できないのは、かつての日本と違い、偏差値教育の下で育った人間が主流になっているからです。

戦後、GHQは、大学を実務ではなく、アカデミックに改造しました。大学は、実務から離れ、学問を追究していればいいという方向に持っていってしまったのです。


3. 大学卒・大学院卒は実務で役に立つのか

高等教育が偏差値の高い大学進学するのが目的になっていますから、大学を卒業して企業に入っても、実務ではまるで役に立たない人材をつくっているようです。

教授は、アカデミックなことを教えていることに加え、できのいい学生は「よくできるから大学院に行ったらどうかね」と言われます。大学院に通い始めると、「研究室に残ったらどうだね」と言われます。

大学が、次の教授の後がまをつくろうとしているわけです。できのいい人間は早く世の中に出て活躍したほうがいいのです。その様な意味で、大学教授は、実務場慣れしている人が多いのかもしれません。

大学を卒業しても入社した人間を一から鍛え直さなければなりません。大学を出て一度就職した後、専門学校に入り直す人が増えています。大学の教育が実社会と実務とかけ離れている証拠なのかもしれません。


4. 国立大学は官僚養成学校

国立大学(旧帝国大学)は、官僚養成学校として創立されています。

決まった仕事を手際よくこなすことに養成され、自発的に考える能力が研かれず、能吏(事務処理にすぐれた才能を示す役人)としての能力に長けるように育てられて行きます。

ところが、「職業訓練学校として機能すべきところ、その役割を担うことなく中途半端にアカデミックな教育を続けているので、国立大学を卒業しても、企業では即戦力として使えない」とこの書の中で述べられていました。

日本の場合、この学校を卒業すれば明日から実務をこなすことができるという大学をがないために、きわめて効率が悪いのです。

外国人から見た日本企業の働き方は、だらだらと残業が続けられているのもですから、効率が悪いと指摘されています。このことが次の書にも痛烈に述べられています。

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術


5. 学歴と偏差値の劣等感について

自身の学歴や 出身校の偏差値に劣等感を抱いてしまうのには訳があります。

基本的に、人間の脳力には、大きな差はありません。遺伝的にある程度の特殊な脳力に長けていて、学力が優秀だと評価される子供もいれば、学校の教育課目に、得意科目が無かったばかりに偏差値が低いというタガをはめられてしまう子もいます。これが、得意科目に恵まれた子と恵まれなかった子では、努力の大きさとストレスの負担に大きな差が生じます。

教育に熱心な家庭に産まれれば、ある程度の学力と学歴を得ることができるでしょう。子どもの頃から、教育の機会がなく、小学、中学、高校と時を過ごしてしまい勉強の大切さを知ったときには、勝負あったという状態になる子どももいます。

この様な学問の機会に恵まれなかった幼少期や少年時代を過ごした場合でも、いい師匠に出逢えば、効率的な方法で勉学に励む機会に恵まれたのでしょう。

しかしながら、それの機会にも恵まれず、巡り合わせが悪く、流されるままに三流大学と呼ばれる学校を卒業してしまう人もいます。

このまま、最終学歴として引っ張る人もいれば、頑張って、大学をやり直すか大学院を卒業して最終学歴に箔をつける人もいます。

心の中にくすぶっている学歴の劣等感はどこからくるのでしょうか。これは、この世的な考えからかけ離れたところへ考をシフトする必要があります。

このような考を抱く人は、ほとんどの場合、前世において高学歴だった時代を経験しています。

学歴のない人びとを蔑んでしまい、劣等感という苦しみで償いをしているのです。前世についてご興味があれば、次の書が大変役に立つと思われます。

眠れる予言者エドガー・ケイシー―あなたの魂をみがくスピリチュアル・メッセージ


まとめ

悪魔の目的は「流される人間」に仕立て上げること

宗教と教育機関を利用している

最終学歴と偏差値によるラベリング

人間の可能性は偏差値では測れない