スターターのタイミングが遅く

この記事の要約

スターターのタイミングが遅く感じられました。スターターでやらかす人が必ずいます。落としたい選手がいて、勝たしたい選手がいるとすると、タイミングをわざとずらします。スタートのタイミングを問題にならないぐらいずらすスターターがいる


1. 遅いタイミングのスターター

小平選手スタートの時ギョッとしました。スターターが明らかに遅かったと思います。世界記録をずっと争ってきて、まだ世界記録は韓国の選手が保持していますから。でも最近の試合ではずっと小平さんが勝っています。

韓国は、今回平昌五輪で、調子よくなく、この500メートルスピードスケートにみんなの期待が集まっていました。そんな中、地元の韓国は、スターターが誰だかはっきり知りませんが、スターターでやらかす人が必ずいます。落としたい選手がいて、勝たしたい選手がいるとすると、タイミングをわざとずらします。スタートのタイミングを問題にならないぐらいずらすスターターがいる


2. スターターの技量でずれることもある

スタータの方々フェアであるために、日本は1965年の東京五輪の時にものすごい訓練をしました。これが日本の隠れた努力でした。

その競技をやっていない人にはわからない誤差で、選手は一流であればあるほど、タイミングか完全に体に染み込んでいます。「レディーゴーのヨーイドン」は、「よーいからどん」の間がちょっと長くなっただけで、体は動こうとするわけです。

聞いて、スタートしてからでは間に合わないので、フライングにならない程度、鳴った瞬間にちょうど出るようにします。筋肉は脳から指令が来るまで、百分の何秒がかかリマす。

小平選手は一流の中の一流選手で、完全なトップスケーターです。「ゴー」のタイミングに合わせて、体が自然に動くのです。


3. 通常のタイミングで号砲がならなかった

ビクッと動きました。あれは、テレビで見ても、気づく人と気づかない人がいるかもしれませんが、あとで小平選手がおっしゃっていました。「体が動いた」。それでしかも「音がした」のです。ショッキングなことに、「号砲以外に」と言うことはわかりますか、「レディー」と言って「ゴー」と言うあたりで音がしたので「ピクっ」て動いたのです。

長野オリンピック金メダリストの清水選手は、朝刊用のコメントで指摘していました。「よくそれを乗り切った」と。

NHKの生放送で、小平さんがこのことを柔らかくおっしゃっていました。「レディーゴーのタイミングがちょっと違ってピクっと動いてフライングを取られると思いました」それで、100が遅れました。

最初の100メートルで10秒26でした。韓国のライバル選手は、10秒20でした。最初の100メートルではっきりした差がついてしまいました。もし小平選手がちょっとでもメンタルが弱かったら、自分のミスを引きずったでしょう。


4. 普通のタイミングで「ゴー」がならなかったのか

なぜ普通のタイミングで「ゴー」がならなかったのでしょうか。変な音は、何なのかとか、余計なことを一瞬でも考えると、200から500までのゴールが伸びないはずです。彼女は一瞬で、その雑念を振り切って、伸び伸びと、自分を出し切って滑り、オリンピック記錄で大逆転勝利を手にしたのです。


6. フェアなライバル関係

ライバルの女子韓国選手には、全く関係のないことです。彼女は普段から小平さんとプレゼントのやり取りをしている親友ですから、世界のライバルでも最も、フェアなライバル関係です。


7. スポンサーの放映権の影響

ジャンプ大会では、日本と韓国は、時差がないはずですから、普通の時間に見られると思っていました。夜中の0時を回って、暴風と酷寒の中で、無理な競技をやらざるをえないのは、選手たちにとって大変気の毒でした。スポンサーファーストだったのです。

葛西選手まで帰る手段がなかったのです。次の試合がまだあるというのにです。このものすごい大会運営ぶりを考えると問題になりかねないのに小平選手と韓国のフェアな戦い、中でも小平さんの自分を信じる強さ、元々100メートルの出だしは相手の選手の方が得意だと言うことが幸いしたけれども、最初の100で差をつs蹴られるのが心配しているわけですから、コーチもみんな最初の頃は100を超えたところから10秒26だった、10秒30が目標だった、目標に達したからあとは伸び伸び滑った、トップ選手のスポーツは目に見えないところで運命を左右させる、トップとの差はと言うのはほとんどくっついているのでメンタルの強さにある。だから小平さんの金メダルは見かけよりも値打ちのあるメダルな訳です。


8. 実力

おかしなことを乗り切る力を女性は持っていることを証明しました。これを支えたのは、羽生選手の金メダルだったと思います。これでみんなホッとしたのでしょう、日本の選手団の意識が強まったに違いありません。


9. 和の日本

日本選手団は、はまとまりが強く、同時にみんなに影響します。金を取れるはずの渡辺暁斗選手がノーマルヒル複合で取れませんでした。高梨沙羅選手も、W杯で勝ているにも関わらず銅メダルで終わってしまいました。

こんな雰囲気の中で、金に届かないと言う空気が全体に影響します。羽生選手が転けていたら、金を逃したかもしれない、そうしたら宇野選手がとっていたかもしれませんが、取るべき人が取ったということが、日本選手団に影響したのです。

アメリカのような個人集団には影響はしませんが、小平さんの精神力を支えたのは、羽生選手の金メダルだと思います。


まとめ

スターターは素人目に見ても違和感がありました。スタートの魔が遅すぎ、誰もがそう感じました。あそこでフライングをとったら韓国は、未来永劫言われたでしょう。フライングの原因は、スターターと妙な声にあったことがとても気になりました。

連日放送の相撲の暴行事件 日馬富士

連日放送の相撲の暴行事件

この記事の要約

連日放送の相撲暴行事件は、貴乃花親方が相撲協会を通り越して鳥取県警へ報告していることです。ガチンコ勝負に徹する貴乃花親方は、相撲協会でもみ消しされたくないことがあるようです。それは現在の相撲が今もなお、星の貸し借りが行われているということです。

モンゴル場外乱闘事件一色の報道機関

モンゴルと関係を持ちたい日本企業はたくさんあります。

旭鷲山がキーパーソンです。日本の最初の相撲選手でした。モンゴルでは最も権力を持ち大統領に近い存在です。また実業家としても成功している人です。モンゴル企業と日本との関りもありそうです。

旭鷲山と対立している人が朝青龍です。この二人がモンゴルの権力争いを行っています。モンゴルには200万人ぐらいしかいません。羊の方がはるかに多いのです。モンゴルで一番人気があるのは相撲レスラーです。子供たちが大きくなったら何になると聞かれれば「相撲レスラー」と答えます。

モンゴルの平均年収は、40万円くらいです。日本に行って相撲で成功して帰ってくると億単位のお金が入ってきます。日馬富士は引退しますが、退職金プラス10億近いお金がついてくると言われています。モンゴルと関係を持ちたい日本企業はたくさんいます。モンゴルは鉱物資源が非常に豊富で将来性がある国です。

中央アジアのど真ん中に存在しているため、鉱物資源を掘っても輸送費がかかるため手を付けていない状態でした。最近では、輸送費を支払っても、利益を出せるだけの企業が出てきているのです。日本企業は、日銀がマイナス金利でお金を貸してくれますから、タダ同然で資金を調達できるのです。そのお金をモンゴルの将来に投資するのです。

やっと出てきた星の貸し借り

テレビではついに星の貸し借りという言葉が出てきました。

大相撲の世界では星の貸し借りは当たり前なのです。モンゴル力士同志では、星の貸し借りは特に行われています。そのおかげでモンゴル人の横綱が3人もいるわけなのです。これはガチンコではなく、星の貸し借りをモンゴル力士が行っているからです。

なぜ日馬富士は、貴ノ岩を暴行したのか

プロレスは、まともにやったら故障者続出で、興行ができなくなります。大相撲も激しくぶつかり合うスポーツですから、まともにやっては、故障者が増えます。お互いに事前に話をつけておいて手抜きをしないと、体がもちません。相撲をスポーツと考えてはいけません。相撲は祭礼であり神事なのです。
八百長―相撲協会一刀両断

ところが、貴乃花だけは違います。貴乃花は現役時代からガチンコ勝負をしてきました。八角理事長は、現役時代、北勝海の名で横綱として活躍していました。兄弟子は、千代の富士です。同部屋でしたから、白星を分けてもらっていたとネット上では出回っているいます。それで横綱になれたというのです。現在は理事長です。

千代の富士がある力士に負けてやるわけです。そうするとその見返りに、その力士は北勝海に負けてあげるのです。これによって、北勝海が優勝したわけです。このような星の貸し借りは、長い間行われているのです。

モンゴル力士会

このような星の貸し借りがひどいのはモンゴル力士会です。ナンバー1が白鳳、ナンバー2が日馬富士なのです。

モンゴル力士会では、貴ノ岩の存在が目障りでした。貴ノ岩は、親方である貴乃花の言いつけ通りガチンコ相撲に徹していたからです。

貴ノ岩は、鳥取城北高校相撲部出身です。貴乃花親方は弟子たちに対し、稽古場を除いては他の部屋の力士と仲良く交流することを厳しく禁じています。他の部屋の力士と交流を持つと談合してしまうおそれがあるからです。

貴ノ岩が部屋をまたいだモンゴル勢の集まりに顔を出すことは、通常ないのですが、高校の相撲部OB会と監督が来られるということで、親方の許可が出たようです。日本人特有の義理人情があったのです。

モンゴル力士たちは、この時、待ってましたと言わんばかりに、貴ノ岩をぼこぼこにしたのです。事件の話では、貴ノ岩が礼儀を欠いていたのが理由で、しつけのために戒めたと言われていますがそうなのでしょうか。

モンゴル力士同士の星の貸し借りなら表に出たのでしょうが、表に出せない理由があります。

貴ノ岩、2017年初場所で大金星

貴ノ岩は、初場所で白鳳にガチンコ勝負で勝ったのでした。この取り組みで貴ノ岩が勝ったことが発端なのです。この制裁で暴行を受けたという可能性があるのです。

モンゴル力士会では、手を抜かないと体がもたないと皆、分かっていたのですが、貴乃花部屋の若い衆は手を抜かないので邪魔な存在だったわけです。

貴乃花親方が、八角理事長を通り越してと鳥県警へ届けたのは、相撲協会でもみ消しされないためであったのです。そのような意味では貴乃花親方の行動も理解できます。

白鳳の相撲は、評判がよくありません。40回の優勝に疑問を呈する評論家の人も多いいようです。談合試合を維持するために自分の影響力を行使して、観客へ万歳三唱を求め行ったことはどうなのだろうか。

日本の長い伝統ある相撲で、白鳳の「待ったに対する土俵での抗議」は、あるまじき行為であったわけです。礼節を重んじる日本の相撲界では、黙っていていいのでしょうか。

最終的には日馬富士が詰め腹を切らされたわけです。これは突然の引退で八百長のもみ消しを行ったのではないかとささやかれています。

八百長―相撲協会一刀両断

出場選手

貴ノ岩 義司氏は、モンゴル国ウランバートル市出身で貴乃花部屋所属の現役大相撲力士です。最高位は西前頭2枚目

日馬富士 公平氏は、モンゴル国ウランバートル市出身で伊勢ヶ濱部屋所属の元大相撲力士であり第70代横綱でした。

貴乃花 光司氏は、東京都杉並区出身の元大相撲力士であり第65代横綱でした。所属した相撲部屋は藤島部屋、後に二子山部屋。現在は一代年寄・貴乃花で貴乃花部屋の師匠です。

白鵬 翔氏は、モンゴル国ウランバートル市出身で宮城野部屋所属の現役大相撲力士であり第69代横綱です。

八角親方氏は、本名は保志 信芳、現役時代は北勝海 。大相撲の力士で、第61代横綱でした。

旭鷲山 昇氏は、モンゴル国ウランバートル市出身で大島部屋所属の元大相撲力士であり実業家でありモンゴル国の政治家です。史上初のモンゴル出身関取です。

朝青龍 明徳氏は、モンゴル国ウランバートル市出身の元大相撲力士で第68代横綱でした。モンゴル国レスリング協会会長。現在は実業家、モンゴル国民投資銀行の経営者、タレント、コメンテーター、評論家、映画俳優、慈善家として多方面で活躍しています。

リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界